ビジネス英語での自己紹介を覚えよう

ビジネス英語での自己紹介を覚えよう

ここでは、ビジネス英語での自己紹介について説明していきたいと思います。

 

これはビジネスの場に限ったことではありませんが、人との出会いは最初の印象がその後の関係を決めると言っても過言ではないので、きちんとした自己紹介の仕方をマスターする必要があります。

 

初対面の人と挨拶をするという場合は、日本も海外も大きな違いはありませんが、外国人とコミュニケーションをとる場合は、「Nice to meet you」と言ってフレンドリーな対応が大事です。

 

そして、ビジネスは改まった場となっているので、直ぐに自己紹介を始めるのではなく、前置きとして自己紹介をするということを伝えた方が良いでしょう。

 

具体的には、「Please let me take this opportunity to introduce myself.(ここで自己紹介をさせて頂きます。)」のように始めるのが最適です。

 

挨拶からコミュニケーションの全てが始まると言えるので、なるべく明るく接して良い印象を持ってもらうようにしましょう。

 

次に、名前を伝えなければ誰と話しているのか分からないので、きちんと自分の名前を相手に告げる必要があります。

 

これは、一般的な自己紹介と変わらないので、詳しく説明する必要はないかもしれませんが、「My name is ○○ ○○.(私の名前は○○○○と申します。)」「I work for ○○○ Co., Ltd.(○○○株式会社に勤務しています。)」と状況によって使い分けることが大切です。

 

初対面の人と自己紹介をするという場合は、相手のトーンに合わせて話すことで好感度が上がります。

 

そして、ビジネス英語での自己紹介では、仕事に関係することが最も大事です。

 

勤めている勤務先だけではなく、「I've been with the company for 5 years.(5年間勤務しています。)」「I'm a freshman here.(私は新入社員です。)」といった細かい情報も状況に合わせて入れていきましょう。

 

最後に別れる時は、「It was nice meeting you. I hope to see you again soon.(お会いできて光栄です。是非またお会いしたいです。)」と伝えると相手に気持ちが伝わります。

 

ここで記載していることだけではなく、自分でもバリエーションを増やすことが非常に大切です。

 

また、英語ではアイコンタクトが非常に大切ですので、好感を持たれるために、相手の目を見てしっかりと自己紹介をするようにしてください。

 

このサイトで紹介しているバーチャル英会話教室では、ビジネス英語の自己紹介について学べるレッスンがあるので、積極的に受けてみましょう。