ビジネス英語と日常英語の違いは?

ビジネス英語と日常英語の違いは?

ビジネス英語と一般的に話されている日常英語には、どのような違いがあるのか疑問を持っている方はいらっしゃるでしょう。

 

基本的に使用される文法に大きな違いはありませんが、一つは英単語が違うということが挙げられます。

 

ビジネス英語でしか使われないような単語があるというわけではなく、日常英語ではほとんど使われないという意味です。

 

日本においても税理に関することや、法律に関することは日常的に使われません。

 

もちろん、会話の中でそのような内容が出てくることはありますが、その頻度はかなり少ないと言えます。

 

これと同じように、英語であっても交渉に関することやプレゼンテーションに関することは、日常的に使われないため、ビジネス英語という分類がされているのです。

 

とは言え、日常英語で使うような表現も出てくるので、「日常英語」+「専門用語」=ビジネス英語と考えるのが良いのではないでしょうか。

 

また、ビジネス英語は要点をまとめてコンパクトに伝える必要があります。

 

「今日は良いお天気ですね」といった挨拶はビジネス英語においてそこまで重要ではなく、何を伝えたいのか分からないような曖昧な表現は、ビジネスの場において不適切なのです。

 

そのため、「get」「do」「have」といった短い単純な動詞が多く使われ、相手に誤解を招かれないように的確なところだけを話すようにしていきます。

 

これも、ビジネス英語と日常英語の大きな違いとなっております。

 

ビジネス英語は必ずしもアメリカ英語でなければならないという決まりはなく、英語を母国語としない人たちがやり取りをすることが多いので、どの種類に属されるのか気にする心配はありません。

 

それよりも、自分の言いたいことを相手に通じやすい単語や構文で伝えられるかが大事なのです。

 

時制などを疎かにして良いというわけではありませんが、端的に話すことが重要であると頭に入れておいてください。

 

さて、ビジネス英語を勉強するとなると、尻込みしてしまう方がいらっしゃいますが、何か特別で難しい文法が使用されるというわけではありません。

 

確かに、業界ごとに使用される単語に違いはありますが、英語の一種であることには変わりないのです。

 

そのため、日常英語を飛ばしてビジネス英語を習得するのは不可能で、日常英会話で基本的な英文の学習を行い、並行してビジネスマナーや表現を少しずつ習っていくのが理想だと言えます。