ビジネス英語での挨拶を把握しよう

ビジネス英語での挨拶を把握しよう

ビジネスにおいて、様々な方とお会いする機会が増えるはずです。

 

打ち合わせなどで初めて会うという場合は、最初に挨拶を行うのが一般的ですが、自己紹介と同じように、ここでの印象が今後に左右すると言っても過言ではありません。

 

ビジネス英語における挨拶の仕方がきちんとできていないと、悪印象を持たれてしまう可能性があります。

 

日本人でも初対面の場合は緊張してしまうと思いますが、それが外国人ともなると、更に緊張してしまうのではないでしょうか。

 

緊張して目を合わせられないという方はいらっしゃると思われますが、欧米人と挨拶をするという場合は、まずは握手をすることから始め、相手の目を見て笑顔で挨拶をする必要があります。

 

日本ではお辞儀をする習慣があるせいか目をあまり合わせないかもしれませんが、欧米ではお互いに見つめ合うことがコミュニケーションの基本なのです。

 

このような最初の挨拶ができないということで、ビジネスに大きな悪影響が引き起こされる可能性は十分にあります。

 

それは、目を見ないで挨拶をすることで相手は、「何か心にやましいことがあるのか」「この人は信用できないな」とマイナスのイメージを持たれてしまうからです。

 

あまり日本では行われていない習慣ですが、欧米ではこれが基本となっているのでしっかりと身に付けてください。

 

さて、最初の挨拶として、日本でも欧米でも「はじめまして」と使います。

 

「How do you do?」という英文がその意味となるのですが、この表現はやや堅苦しい表現となっており、欧米では一切使われていないのです。

 

このように挨拶をすると、欧米の方は首をかしげるかもしれないので、「Nice to meet you.」という表現が適しております。

 

そして、自分の名前を伝え相手の名前を聞いたのであれば、名刺交換をするのが一般的です。

 

名刺交換をしたらその名刺を見ながら、簡単な人間関係を作る会話を行っていきます。

 

ビジネスの場においてそこまで堅苦しい話をする必要はありませんが、「How's your business going on?(仕事の方はどうですか?)」「The same as usual.(相変わらずです。)」といった挨拶程度の話が良いでしょう。

 

当サイトでご紹介しているバーチャル英会話教室で行われているビジネス英語のクラスでは、このような基礎的な挨拶の仕方を身に付けられます。

 

ビジネスの場で役立つことは間違いないので、一度レッスンを受けてみてください。